個人再生手続きのメリット・デメリットについて

個人再生には住宅を維持でき借金も減るというメリットがありますが、申立てするにあたり、様々な要件がありますので、確認をすることが大切です。

住宅ローンを組んでいる方で、任意整理ができないほどに借り入れが増えてしまった場合
自宅は何とか残したいが、良い方法がないかと考えている方。
“個人再生手続きのメリット・デメリットについて”の詳細は »

自己破産手続の裁判所の処理について

破産手続きには、管財事件と同時廃止事件という2通りの方法があります。

自己破産を裁判所に申立てると、まず裁判所の方で、「同時廃止事件」と「管財事件」とに処理方法を分けます。


“自己破産手続の裁判所の処理について”の詳細は »

グレーゾーン金利とは何でしょうか?

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間に存在する金利、簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をいいます。

簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をグレーゾーン金利といいます。「利息制限法」という法律により、金利は「100万円以上借りた場合は年15パーセント」、「10万円以上100万円未満は年18パーセント」、「10万円未満は年20パーセント」に定められています。しかしこの法律には罰則がなく、多くの貸金業者は「出資法」というもうひとつの法律の上限利率である29.2パーセントを金利としています。

出資法を上回る金利を請求した場合は罰則(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)が科せられますが、利息制限法には罰則がないため、ほとんどの貸金業者が出資法に基づいて利息を取っていたのです。


“グレーゾーン金利とは何でしょうか?”の詳細は »

「借りたい人ならだれでも」借りれる?

主婦でもフリーターでも学生でも自身の信用状況が よければ、キャッシング利用が多い会社員よりも借りれる 確率がある

「借りたい人ならだれでも」借りれる?のが消費者金融・・・
ではありません。

当然審査がありますし、一定基準を満たしていないと
借りることができません。

したがって「誰でも借りれる」というものではありません。

ただし、闇金とよばれる正規のところではない(国(財務局)や都 道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、その業務のこと。)また貸金業の登録をしていても違法な高金利を取る業者を含めたところで借りたりするのは審査基準が甘かったりするので、「甘い話にはわながある」と思ってやめましょう。


“「借りたい人ならだれでも」借りれる?”の詳細は »

債務整理とおまとめローン

おまとめローンを組むことができるのは負債がまだ大きくない人、もしくは返済能力のある人に限られます。

複数の金融機関のローンをひとつに
まとめることによって、ローンの合計返済額を減らし、
借金の悩みを解消する手段のひとつに御まとめローンがあります。

また、ブラックリストに登録されることがないため、
新たに借入れすることも可能です。


“債務整理とおまとめローン”の詳細は »

商品の欠陥と債務整理

指定商品の購入で引き渡しや瑕疵がある場合は信販会社に対して支払いを拒むことが可能です。

商品に欠陥があった場合のクレジット払いは
どうなりますでしょうか?

結論から言いますと、指定商品の購入で
引き渡しや瑕疵がある場合は信販会社に対して
支払いを拒むことが可能です。

これは割賦販売法30条に記載されています。
これを支払停止の抗弁権と呼びます。


“商品の欠陥と債務整理”の詳細は »

債務整理と利息制限法

債務整理では、取り締まり以後、過払い金請求による返還が多く存在したため 多くの消費者金融が倒産に追い込まれました。

利息制限法とは、民法上の解釈で定められた利息制限であり、
元本10万円未満の利息はは年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、
100万円以上は年利15%までにするように、と定義されています。
しかしこの法律は破っても罰則はないため、消費者金融などは
利息制限法以上の利息でお金を貸し出しています。
しかし法改正により以下の点が改善され、不当な金利での貸し出しは
法的に無効となり返還義務が生じることになりました。


“債務整理と利息制限法”の詳細は »

債務整理の流れ

貸金業者を相手に渡り合うのは至難の業とも言えます。では、債務整理について、代理人に頼んだ場合の一般的な流れについて

多重債務や毎月の返済に苦しんでいる場合に、「債務整理」という方法で負担を軽くすることができます。

債務整理には、「自己破産」「民事再生」「特定調停」「任意整理」の4つの方法があります。任意整理以外の3つは、裁判所を通して債務整理を行うことになります。任意整理は弁護士や司法書士などの専門家を代理人として、貸金業者と交渉することとなりますが、誰の手も借りずにご自分で整理することも可能です。

ただし、貸金業者を相手に渡り合うのは至難の業とも言えます。では、任意整理について、代理人に頼んだ場合の一般的な流れを詳しく見てみましょう。

まず、任意整理の目的は以下の3つです。


“債務整理の流れ”の詳細は »

債務整理の手続き、自己破産について

債務整理で自己破産を行うと、破産管財人が、裁判所によって破産宣告と同時に選任され、破産者の財産を売却して金銭に換え、債権者に弁済していくことになります。

破産管財人とは、裁判所によって破産宣告と同時に選任され、破産

者の財産を売却して金銭に換え、債権者に弁済していく者のことで

弁護士が選任されることがほとんどです。

同時廃止事件になるか、破産管財事件になるかは、申立人にとっ

て大きな問題です。申立費用が異なることもさることながら後者の

場合であれば、申立人の所有財産を換価して債権者に弁済していか

なければなりません。しかし、これが家財道具程度の所有財産しか

ない前者であれば何らその所有財産を失わずに破産手続が終了し免

責決定を得れば借金が帳消しになります。
“債務整理の手続き、自己破産について”の詳細は »

債務整理手続きの個人再生手続きの流れ

手続きの一種、個人再生の手続きは裁判所によっては若干異なりますが一般的には基本的な流れについて説明します。

個人再生の手続きは裁判所によっては若干異なりますが
一般的には基本的なものがありますので
ココで見ていきましょう。

○申し立てから開始決定まで

→ 所轄の地方裁判所へ手続きをする

→ 申し立て時に裁判所に対して債務者は
債権者一覧表を提出します。

→ 裁判所の開始決定が来ると、(東京では約1カ月後)

再生手続き開始の効力が発生します。
“債務整理手続きの個人再生手続きの流れ”の詳細は »

« 過去の記事