「借りたい人ならだれでも」借りれる?

「借りたい人ならだれでも」借りれる?のが消費者金融・・・
ではありません。

当然審査がありますし、一定基準を満たしていないと
借りることができません。

したがって「誰でも借りれる」というものではありません。

ただし、闇金とよばれる正規のところではない(国(財務局)や都 道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、または、その業務のこと。)また貸金業の登録をしていても違法な高金利を取る業者を含めたところで借りたりするのは審査基準が甘かったりするので、「甘い話にはわながある」と思ってやめましょう。

一般的にいえばキャッシングの会社によって審査の「甘い」「厳しい」という基準はそれぞれに存在します。

借りるのであれば貸金業の正規ルートの業者で違法な金利をとらないところが基本です。

借りる人の勤務形態や資産状況などによって審査基準は
様々に異なります。一般的には「年収」
「勤務形態(アルバイト、パート、
主婦、会社員、自営業、フリーなど)」などを貸金業者が判断し、
いくらまでならこの人には貸せるか?ということを審査するのです。

たとえば過去のキャッシング返済履歴などそちらに比重を置いて貸すか、貸さないかを決めます。借りれるか、借りれないかは
「あなたへの信用があるかどうか」
ということとイコールになるのです。

たとえ主婦でもフリーターでも学生でも自身の信用状況が
よければ、キャッシング利用が多い会社員よりも借りれる
確率があるということです。

ヤミ金に手を出すのは絶対にやめましょう。

資金業登録はおろか、法律の規定による金利をはるかに超過する
金利で貸し付けるもの、などさまざまにわたり、
これらから借りたら最後、法外な金利をつきつけられ
返済は不可能となります。

とりたてもさらに苛酷となり、
命を落とす人々も少なくないことから
大きな社会問題です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む