任意整理をするメリットとは

任意整理とは、まだ自己破産をするほどの状況ではないが、
このままでは自転車操業になってしまうような場合に最適な債務整理方法となります。

任意整理は、弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができる手続きであるということです
一般的には「裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接サラ金業者やクレジット会社などと和解交渉をして債務整理をすること」と定義されています。
「私の借金は必ず減りますか?どのくらい少なくなりますか?」という質問がありますが、
必ず減る保証はありません。
取引先との話し合いによるものなので合意に至らないケースもあります。
ただし、債務整理のプロである弁護士や司法書士に依頼すれば、経験や統計からそのような難しい案件を省いて提案することもできます。
任意整理によって減額できる残債務の算出方法について利息があります。
利息には以下のものがあります。
経過利息とは、債権者へ最後に返済した最終取引日から、任意整理で合意が得られた和解成立日までに発生する利息のことです。遅延損害金を含む場合もあります。
遅延損害金とは、借金の返済期日に支払いがされないことによる損害賠償金のことです。
弁護士や司法書士へ依頼する前に滞納していた債務の利息で、遅延利息や延滞利息とも表現されます。
将来利息とは、任意整理の和解成立から、借金の完済予定日までに発生する利息のことです。
債務整理を弁護士や司法書士へ依頼すると、貸金業者へ受任通知が送付され、債務の取立てがストップします。
この停止している期間の経過利息を、利息カットの話し合いに組み込むことがあります。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む