カテゴリー: 過払金を請求する

グレーゾーン金利とは何でしょうか?

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間に存在する金利、簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をいいます。

簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をグレーゾーン金利といいます。「利息制限法」という法律により、金利は「100万円以上借りた場合は年15パーセント」、「10万円以上100万円未満は年18パーセント」、「10万円未満は年20パーセント」に定められています。しかしこの法律には罰則がなく、多くの貸金業者は「出資法」というもうひとつの法律の上限利率である29.2パーセントを金利としています。

出資法を上回る金利を請求した場合は罰則(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)が科せられますが、利息制限法には罰則がないため、ほとんどの貸金業者が出資法に基づいて利息を取っていたのです。


“グレーゾーン金利とは何でしょうか?”の詳細は »

消費者をまもる出資法のかかわり

債務整理では、出資法と利息制限法とのかかわりがあります。

出資法による規制では、

「金銭の貸借の媒介を行なう者は、その金銭額の5%を超える手数料を
受けることを禁止(紹介屋等の禁止)
“消費者をまもる出資法のかかわり”の詳細は »

利息を制限する法律のかかわる範囲

利息制限法には「金銭を目的とした消費貸借」という言葉があるが債務整理においてどうかかわるのか説明します。

ここでは、利息制限法について説明します。

利息制限法には「金銭を目的とした消費貸借」という言葉が使われていますが、具体的にどんな取引を指すのでしょうか?

あなたが貸金業者と交わした契約内容によっては、過払い金返還請求や任意整理ができない場合もありますので、金銭を目的とした消費賃借の内容について確認しておきましょう。


“利息を制限する法律のかかわる範囲”の詳細は »