債務整理手続きの個人再生手続きの流れ

手続きの一種、個人再生の手続きは裁判所によっては若干異なりますが一般的には基本的な流れについて説明します。

個人再生の手続きは裁判所によっては若干異なりますが
一般的には基本的なものがありますので
ココで見ていきましょう。

○申し立てから開始決定まで

→ 所轄の地方裁判所へ手続きをする

→ 申し立て時に裁判所に対して債務者は
債権者一覧表を提出します。

→ 裁判所の開始決定が来ると、(東京では約1カ月後)

再生手続き開始の効力が発生します。
“債務整理手続きの個人再生手続きの流れ”の詳細は »

債務整理の中のひとつ!特定調停とは?

裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛ける特定調停というのもあります。

手続きの中でも、特定調停とは日本の民事調停手続の一種であり、
債務者の調整促進のため、支払い不能に陥らないように
するための経済的な再生と特定債務者の経済的再生に資するためになされる、
特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における
利害関係の調整に係る民事調停のことです。

当該調停の申立ての際に特定調停手続により、
調停を行うことを求める旨の申述(特定調停法3条1項)が
あったものをさします(同法2条3項、2項)。
“債務整理の中のひとつ!特定調停とは?”の詳細は »

貸金業者と消費者はこうなっている

消費者保護の観点から債務整理では、法改正が進んでいます。

貸金業者が業として行う金銭を目的とする消費貸借上の利息
(みなし利息を含む。)の契約又は賠償額の予定に基づき、
債務者が利息又は賠償として任意に支払った金銭の額が、
利息制限法1条1項、4条1項に定める制限額を超える場合において、
貸金業者が17条書面及び18条書面を交付しているときは、
その支払は、有効な利息又は賠償の支払とみなされるとしました。
“貸金業者と消費者はこうなっている”の詳細は »

消費者をまもる出資法のかかわり

債務整理では、出資法と利息制限法とのかかわりがあります。

出資法による規制では、

「金銭の貸借の媒介を行なう者は、その金銭額の5%を超える手数料を
受けることを禁止(紹介屋等の禁止)
“消費者をまもる出資法のかかわり”の詳細は »

利息を制限する法律のかかわる範囲

利息制限法には「金銭を目的とした消費貸借」という言葉があるが債務整理においてどうかかわるのか説明します。

ここでは、利息制限法について説明します。

利息制限法には「金銭を目的とした消費貸借」という言葉が使われていますが、具体的にどんな取引を指すのでしょうか?

あなたが貸金業者と交わした契約内容によっては、過払い金返還請求や任意整理ができない場合もありますので、金銭を目的とした消費賃借の内容について確認しておきましょう。


“利息を制限する法律のかかわる範囲”の詳細は »

最新の記事 »