タグ: 定義

債務整理と利息制限法

債務整理では、取り締まり以後、過払い金請求による返還が多く存在したため 多くの消費者金融が倒産に追い込まれました。

利息制限法とは、民法上の解釈で定められた利息制限であり、
元本10万円未満の利息はは年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、
100万円以上は年利15%までにするように、と定義されています。
しかしこの法律は破っても罰則はないため、消費者金融などは
利息制限法以上の利息でお金を貸し出しています。
しかし法改正により以下の点が改善され、不当な金利での貸し出しは
法的に無効となり返還義務が生じることになりました。


“債務整理と利息制限法”の詳細は »