タグ: 帳消し

債務整理の手続き、自己破産について

債務整理で自己破産を行うと、破産管財人が、裁判所によって破産宣告と同時に選任され、破産者の財産を売却して金銭に換え、債権者に弁済していくことになります。

破産管財人とは、裁判所によって破産宣告と同時に選任され、破産

者の財産を売却して金銭に換え、債権者に弁済していく者のことで

弁護士が選任されることがほとんどです。

同時廃止事件になるか、破産管財事件になるかは、申立人にとっ

て大きな問題です。申立費用が異なることもさることながら後者の

場合であれば、申立人の所有財産を換価して債権者に弁済していか

なければなりません。しかし、これが家財道具程度の所有財産しか

ない前者であれば何らその所有財産を失わずに破産手続が終了し免

責決定を得れば借金が帳消しになります。
“債務整理の手続き、自己破産について”の詳細は »