タグ: 根拠

グレーゾーン金利とは何でしょうか?

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間に存在する金利、簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をいいます。

簡単にいうと「違法ではあるが罰則のない金利」をグレーゾーン金利といいます。「利息制限法」という法律により、金利は「100万円以上借りた場合は年15パーセント」、「10万円以上100万円未満は年18パーセント」、「10万円未満は年20パーセント」に定められています。しかしこの法律には罰則がなく、多くの貸金業者は「出資法」というもうひとつの法律の上限利率である29.2パーセントを金利としています。

出資法を上回る金利を請求した場合は罰則(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)が科せられますが、利息制限法には罰則がないため、ほとんどの貸金業者が出資法に基づいて利息を取っていたのです。


“グレーゾーン金利とは何でしょうか?”の詳細は »